「人生は『選択』 でつくられる」

私たちは日々何かを「選択」して生きています。

その「選択」こそが私たち自身を形作り、経営者であればその企業を形づくっています。

 

米国の主要IT企業GAFAの一つで、世界最大のECサイトであるAmazon。その創業者であるジェフ・ベソスは、とある難関大学の卒業式のスピーチで述べました。

「他人を犠牲にしてでも賢い人でいたいですか?それとも、他人に優しくする人でありたいですか?」賢く優秀な学生達を前にして、「才能」を使うのは簡単だけれども、他人に優しくするという「選択」の難しさを自らのエピソードと共に卒業生に伝えていました。

優しさとは「選択」なのだと気づかされたように思います。

 

また、「楽な人生を選びますか?それとも、リスクをとり世界に貢献する人生を選びますか?」とも述べました。

ジェフ・ベソスは、元ウォール街の金融エリートでした。Amazonを創業するというアイデアに賭けることを選択したのは、今から約25年前のことです。誰もが羨む金融機関を辞めて挑戦することを「選択」したことで、今があるのです。

 

私は企業の経営計画の策定に携わる機会が多いのですが、今何を選択するかによって、将来は全く異なるものになると感じます。とりわけ大きな設備投資や大きな決断をするときに間違いなく選択することで、その後の利益や資金に大きく影響することがあります。

「計画を立てたことで、(おかげさまで)失敗しなくて済んだ」

というお言葉をいただき、改めて「選択」の重要性に気づかされることがあります。

 

「選択」はとても難しいですが、よりよい「選択」のご支援ができたらとの想いでこれからもお客様に伴走していけたらと思います。

 

出典:『巨大な夢をかなえる方法~世界を変えた12人の卒業式スピーチ~』(文芸春秋)

 

中小企業診断士  小林 藤子

関連記事

  1. 診断士としての心構え
  2. 新事業を考える時間は「楽しい時間」?
  3. 自分自身を知る
  4. キャッシュレス決済の今後について
  5. デジタル化の必要性とは?
  6. 「第1回 長野県中小企業診断士交流会」の告知です
  7. 情報セキュリティ10大脅威
  8. 行きはよいよい?
PAGE TOP