1年後に会社は生き残っていますか?

 

こんにちは!

会員の原 祐治です!

 

アスパラガスのおいしい季節です。

 

いきなりですが、

「アスパラガスを食べた後におしっこが臭くなりますか?」

 

私は、臭くなります。

 

この話を知り合いにすると、 ほとんどの人が

「そんなことはないよ」と否定します。

 

「もしかして、体のどこかが悪いのかも」

とネットで調べると、

 

「おしっこがにおう」のではなく、

「おしっこのにおいをかぎ分けている」ということです。

 

アスパラガスを食べた人の尿の

独特のにおいをかぎわける能力は、

遺伝的なもののようです。

 

この臭いを嗅ぎ分けることができるのは、

5人に1人しかいないそうです。

 

特殊な能力を持っていることが分かり、

少しうれしくなりましたが、

 

「いつこの能力を活かすのだろう」

と微妙な気持ちの今日この頃です・・・

 

 

 

さて、本題です。

 

最近では補助金をはじめ、

創業を志さす方には良い環境が整いつつあります。

 

そんななかで、少ししょっぱいお話を、

 

「創業1年後には、3社に1社が消えている」

と以前の白書で報告されています。

 

原因は、「創業者のノウハウや知識が少ないため」

と考えられています。

 

各地で創業スクールが開催されています。

創業をお考えの方は、受講をご検討してはいかがでしょうか。

 

 

■私も一部、担当します。
塩尻商工会議所「創業スクール」開催!(6/20~)

 

 

 

 

関連記事

  1. 診断士とワイン
  2. 皆さんの知的資産(強み)を経営に活かしましょう
  3. 「ありがとう」の反対は?
  4. SDGs「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の大きな効果…
  5. 起業で成功したいなら感染症にかかりなさい!?
  6. 自然から学べるもの
  7. SNSの利用価値
  8. 二足のわらじ (後編)
PAGE TOP