リニア中央新幹線

みなさんこんにちは!飯田市で中小企業診断士事務所を営んでいる内山です。
私の住んでいる飯田市はリニア中央新幹線の長野県駅が設置される予定のまちです。
当初は2027年の開通を目指していましたが、最近「少なくとも7年は遅れて2034年以降になる」との報道があり、少しざわざわしていました。

東京に行くたびに移動で疲れ果て「はやくリニアが開業してくれないかなぁ」と思う一方で

そんなにしょっちゅう東京に行くの?と思う一方で

リニアができれば首都圏の友人知人と対面で交流したり、働きながら大学院に進学したり、国際空港に1.5時間以内に行けたり、人生の選択肢が広がるよねと思う一方で

駅やトンネル工事現場近くの友人知人の話を聞くと「大変だよなぁ」と思う一方で

天竜川に橋桁ができたり、駅の予定地が広がったりと、大規模工事特有の迫力とワクワク感に浸る一方で

環境影響の話を聞くと確かに人間のエゴのような気もする一方で

東海道新幹線だって建設当時は根強い不要論があって「世界四バカ」と揶揄されていたのだよなと思う一方で

リニア関連工事で景気がよくなっている業種業態のみなさんとその家族がいて、地域経済が回っていると感じる一方で

リニア関連工事の恩恵は一切関係のない業種業態のみなさんとその家族もいる一方で、気づかないだけで恩恵を受けていたりする人もいる一方で

・・・地元にいると、そんな感じです。

何を伝えたかったかというと事実=factを見つめることって大切ですね、ということです。
「良いor悪い」「合っているor間違っている」という切り口ではなく「○○と思っている人がいる」という事実。

事実は事実としていったん受け止めたうえで、落ち着いて「なぜ」「どうしよう」と考えていきたいものです。

※余談:リニアはともかく、飯田で初のスターバックスが今年9月に開業になるのは確実のようです。これも某県知事が止めていたと言う方がいましたが、たぶんそれは嘘だと思います。

関連記事

  1. <奇跡が起きる前兆>
  2. 自分自身を知る
  3. アウトドアビジネスへの期待
  4. 「アマゾン・エフェクト」
  5. 健康経営
  6. 診断士の勉強
  7. 「第1回 長野県中小企業診断士交流会」の告知です
  8. AI時代の診断士
PAGE TOP