「納得」を支援する

先日長野市で開催された理論政策研修に参加いたしました。

私のように経験の少ない企業内診断士にとっては、コンサルティング現場での体験を伺えるのは非常に大きな学びになります。

 

第2部では中田先生がチームビルディングについて、第3部の渡邉先生のテーマは「営業革新」についてお話下さいました。お二人の講演に共通していたエッセンスは、現場の「納得」を得るためのプロセスを工夫されている、ということだと感じています。

この「納得」を引き出す手段として、現場のアイデアを尊重する取り組みや、小さな成功体験を積んでもらう取組みなどを講演では紹介していただきました。

 

どんなに優れた施策であっても、実行しなければ当然結果は生まれません。そうした意味で、現場の実行力が施策の成否を分けることになります。そして実行力を高めるためには、現場の一人ひとりが納得感を持っていることが重要ですよね。

 

マイケル・A・ロベルト著『決断の本質』では、施策の実行力を高めるために、意思決定の場に実行者を同席させることが重要とされています。これも実行者を「納得」させるためでしょう。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0722GRLQ5/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

「納得」をいかに引き出すか。コンサルティングの現場だけでなく、あらゆるシーンで考えるべきことだと感じました。

 

 

『納得』は必要だッ!『納得』は『誇り』なんだ!

納得は全てに優先するぜッ!

 

from ジョジョの奇妙な冒険Part7 ジャイロ・ツェペリの台詞より

 

白井郁也

関連記事

  1. 自然から学ぶ「素振り」のすすめ
  2. 結果が出ることは経営の大きな強み
  3. 「第1回 長野県中小企業診断士交流会」の告知です
  4. SNS雑感
  5. 事業承継のタイミング
  6. 診断士の勉強
  7. 診断士とワイン
  8. 激変の時代を乗り切るために
PAGE TOP