創業時の心構え

コラムをご覧いただいている皆さん、こんにちは!中小企業診断士の土屋靖彦です。
普段は経済団体に所属して、中小企業や創業を希望する皆さんを支援する仕事をしています。

最近、創業を希望する皆さんのお役に立つためのセミナーを企画・実施していて、創業について考える時間がとても多いので、今回は、一般的なビジネスにも通じる、創業時の心構えについて書いてみたいと思います。

創業する時は、会社などに勤めている時と違って、決まったお給料が入ってくる保証はありません。また、自分が思っているよりも、扱える仕事の量、言ってしまえば収入は少ないことも珍しいことではありません。それでも創業しようとするのであれば、とても楽観的な気持ち、言い換えれば強い勇気が欠かせないのだろうと思います。

そして、その楽観通りには、実のところなかなか物事は運びません。その、経済的な面も含めた不自由さに対する覚悟も必要です。

この「勇気」と「覚悟」を下から支えてくれるのが、緻密な事業計画と計画の修正能力、そして、辛抱強く蓄えられた自己資金です。

事業を始めるにあたって、何にどれだけの資金がかかるのかを考えることは計画の第一歩だと言えます。そして、一定の自己資金を蓄えることは、忍耐と強い意志、つまり「勇気」と「覚悟」に通じます。

このように、自分の行動が自分の心を後押しし、自分の心が行動を決めていく。これは創業希望者はもちろん、すでに事業を営んでいる皆さんにとっても、共通して通じていくことなのだろうと思います。

初心忘るべからず。皆さんお一人お一人が、堅実な歩みで実りあるビジネスを営まれますよう願っています。

 

土屋靖彦

関連記事

  1. 成功者と『運』
  2. 自分を発信することの大切さ
  3. 小規模企業のM&Aについて思うこと
  4. 企業ブランドについて
  5. 行動してますか
  6. 知的資産(強み)を発掘!見える化しましょう
  7. 新しい知識を足す、とは?
  8. キャッシュレス決済の今後について
PAGE TOP