SDGs

こんにちは、中小企業診断士の木内です。
近頃、スーツの襟部分に写真のようなバッジを付けている方を目にしませんか。
実は、国連が提唱するSDGsに取り組んでいる企業・団体の方が付けているのですが、SDGsについて皆さんはご存知でしょうか。
もちろん!私は知りませんでした...少し調べてみると興味深いことがわかりましたのでご紹介させていただきます。

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。2015年9月に国連サミットで採択され、国連加盟193ヵ国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標ですが、具体的には、世界中のすべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真として、貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など世界を変えるための17の目標と169のターゲットで構成されています。

一見すると、国家レベルの話で無関係だと思われがちですが、例えば、貧困の問題については日本にも貧困はありまして、特に一人親世帯の貧困率が50%超と高い状況にあります。このSDGsに関心を持つことによって、私たちは身の回りのこうした現状を認識し課題にすることができます。

ただし、現状を認識し課題にしても他人事で終わってしまってはSDGsの精神に反するのだと思います。政府、企業、投資家、個人など立場によってSDGsにコミットする動機は様々ですが、今だけ・自分だけではなく私たち一人一人が当事者として目標を共有し、みんなで考え行動することが大切だと思いますが、いかが思われますか。

関連記事

  1. 事業承継のタイミング
  2. 選挙に出て、議員になってみた。
  3. 「人生は『選択』 でつくられる」
  4. ISO9001規格2015年版
  5. フルマラソンをやる理由
  6. デフレ脳からの脱却
  7. 次こそ絶対食べたくなるラーメン!
  8. ECRSの原則
PAGE TOP