起業で成功したいなら感染症にかかりなさい!?

中小企業診断士の高山です。

 

みなさん、トキソプラズマという寄生虫をご存じでしょうか?
主にネズミに感染し、それを食べた猫へ寄生します。
このトキソプラズマは、人間にも感染することがわかっています。

そして興味深いのは、トキソプラズマに感染した人は、そうでない人より経営者として成功する確率が高いというのです。

 

目 次

  1. 人間の脳をコントロールする寄生虫
  2. トキソプラズマに感染した人は概して成功しやすい
  3. ときには恐れず大胆な行動を!

 

人間の脳をコントロールする寄生虫

トキソプラズマは猫から猫へと感染するのにネズミを媒介します。そこでトキソプラズマは巧みな戦略をとります。なんと寄生したネズミの脳をコントロールし、恐怖心を鈍らせ大胆な行動を取るように仕向けるのです。そうして恐れ知らずの勇敢(?)なネズミは、いともたやすく次の宿主となる猫に食べられてしまうのです。

 

このトキソプラズマはネズミだけでなく人間にも感染し、発症した人はネズミと同じく恐怖心や不安感が鈍り、活発に新しい場所を探検するような大胆な行動をとる傾向が強くなることがわかっています。その行動は起業家としての成功にも影響を与えているのです!

 

トキソプラズマに感染した人は概して成功しやすい

IEビジネススクールのダニエル・ラーナー助教授らが、デンマーク人女性7万4291人の病歴と職歴を調べたところ、寄生虫のトキソプラズマに感染したことがある人は感染したことがない人に比べて、スタートアップを創業する確率が平均で29%、複数のベンチャーを設立する確率が27%それぞれ高く、単独での起業は2倍以上でした。

 

さらに彼女らのベンチャーは、感染したことがない人より概して成功していたのです。業績では、非感染者より8%も高くなっていました。

 

ときには恐れず大胆な行動を!

この事例からいえることは、「経営者として成功したいならトキソプラズマに感染しなさい」ということではもちろんありません。経営者として成功したいのであれば、ある意味、大胆な行動を取る必要があるということです。

ネズミにとって大胆な行動は不運なことだったかもしれませんが、現代の社会において人間には天敵は存在しません。

恐れず新しいことに果敢に挑戦したり、未知のフロンティアを開拓するような精神が経営者には必要なのです。

追 伸

トキソプラズマに感染すると、中枢神経系の障害を生じることがあり、心筋炎や肺炎を起こすこともあります。くれぐれも間違った行動はとらないようにご注意を…

 

関連記事

  1. 奇策のようで実は正攻法・・・ゴディバのチャネル戦略
  2. 代行サービスと新価値創造
  3. 新しい収益認識基準の適用について
  4. 「経営力向上計画」で稼ぐ力を強化するチャンスです!
  5. ECRSの原則
  6. 最近、引っ越しました
  7. 情報セキュリティ10大脅威
  8. 消防団×中小企業診断士!?
PAGE TOP