激変の時代を乗り切るために

2020年からのコロナ禍、2022年ロシアのウクライナ侵攻など、経営に対する外部環境が激変しています。

「今まではこうやって成功してきた」、「過去にこうやって成功した」などの成功体験は、外部環境の変化で通用しなくなりがちですが、激変の時代では、更により通用しなくなります。

また、反面、このような激変のなかで新しいチャンス(機会)が生まれ、それに対応したビジネスを成功させている会社もあります。

 

「経営戦略」とは、「変化する外部環境に対する、経営資源(強み)の有効活用と最適配分」とも言えます。そしてその強みをチャンス(機会)にぶつけて活かすのが、有効かつ成功しやすい方向性です。

自社の強みに関しましては、2022年3月15日コラム、木内先生の「知的資産(強み)を発掘!見える化しましょう」をお読みください。今の時代で強みとして重要な知的資産の具体的な見つけ方・切り口などがわかります。自社のなかで話し合う機会を作り、見える化することが大事ですので、先ずこちらを最初に行って頂きたいです。
※こちらをクリックしてお読みください。

チャンス(機会)につきましては、このコラムの観点も参考にしてみてください。「事業機会を、取りこぼさないように、創出しよう」
※こちらをクリックしてお読みください。

自社の強みを見つけ、チャンスにぶつけ、激変の時代を乗り越えましょう!

中小企業診断士 矢澤秀昭

関連記事

  1. 業界の『当たり前』がアイデアを止めている?!
  2. 小規模企業支援
  3. 適正価格を取れ!!が本当に良いのか?
  4. 新型コロナウイルス特別相談窓口の現場から
  5. 校閲の目を養う
  6. 異議あり!「事業再構築補助金」 その2
  7. たかが10年、されど10年
  8. 「地域おこし」に必要なこと
PAGE TOP