結果が出ることは経営の大きな強み

経営支援をしているなかで、いつも思うことがあります。
「事業というのは結果が出ていいな~」と。よい判断をくだせていれば、数値は上がっていきます。
もし、判断が間違っていれば、数値は下がっていきます。

誰もが将来見通せるかというとそうではありません。
やっぱりやってみなければわからないことがたくさんあります。

「伸びているところは伸ばす」
「結果が出ないところはなにかを変える」

単純ですが、この2つの方法だけでも経営は上向いていくと思っています。

私達は神様ではない。

だから将来はわからなくて当然。
わからないから、小さくはじめて市場の声を聞いてみればよい。
うまく行かなくても大丈夫。
うまく行かないとわかっただけでも前進。
何かを変えてみればよいだけ。そんなことをよく支援現場でお話しています。

中小企業診断士 小林 大登

関連記事

  1. 補助金の利用にご注意ください
  2. 奇策のようで実は正攻法・・・ゴディバのチャネル戦略
  3. 企業としてのメンタルヘルス対策
  4. 台風第19号に伴う災害への被災中小企業・小規模事業者対策
  5. 業界の『当たり前』がアイデアを止めている?!
  6. 5Sで会社は良くなるのか?
  7. 新しい知識を足す、とは?
  8. どうする?どうなる?HACCP義務化
PAGE TOP