元気・活気・勇気を与えるトーク術 PEP TALK!

PEPな中小企業診断士の中村です。

みなさんは、PEP TALK!(ペップトーク)という言葉を知っていますか?

「PEP」とは英語で、元気、活気、活力という意味です。

ペップトークの発祥は米国のスポーツ界です。
試合直前のロッカールームなどで監督やコーチが緊張している選手たちに
使う「激励のショートスピーチ」ことです。

よく映画の一シーンとして観たことある方も多いのではないでしょうか?
最近では、ラグビーワールドカップのアイルランド戦でジャイミージョセフ
ヘッドコーチが語ったスピーチが有名です。

 

誰も勝てるとは思っていない
接戦になるとさえ思っていない
誰も我々がどれだけハードワークしてきたか
どれくらいの犠牲を払ってきたのかも知らない

でも自分たちはやるべきことは分かっている

いっさい恐れてはいけない
お互いを信頼し
みんなを信じている

行くぞ!

 

この短いスピーチを分析するとペップトークの4ステップをとっています。

受容→承認→行動→激励

(受容)誰もアイルランドに勝てるとは思っていない
(承認)でもハードワークをこなし犠牲をはらってきたからやることはわかっている
(行動)恐れずお互いを信頼する
(激励)行くぞ!

一流のスポーツ選手が技や身体を磨くようにその指導者は言葉の力を磨いて
選手が最高のパフォーマンスを出せるようにしているのです。

これはビジネスの世界にも当てはまります。
そして企業を支援している我々にも当てはまります。

みなさんも言葉の力を味方につけたいと思いませんか?

 

ちえてらすコンサルティング 中村剣

関連記事

  1. コストダウンの強い味方「原価計算」
  2. 知ることで本当の課題が見えてくる
  3. 新しい収益認識基準の適用について
  4. その情報、だだ漏れです
  5. 奇策のようで実は正攻法・・・ゴディバのチャネル戦略
  6. 和来(笑い)
  7. 企業経営で重みを増すガバナンス
  8. 「中小企業診断士の日」制定記念式典 報告と御礼
PAGE TOP