もの補助、持続化、IT導入…今年の3大補助金はどう変わる?

われわれが接する機会が多い3大補助金として、「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「持続化補助金」があります。※すべて略称

平成30度第2次補正予算では、この3大補助金は「中小企業生産性革命推進事業(通称:生産性特別補助金)」として一本化されますが、3つの枠組みは残るようです。それぞれ特徴をみていきましょう。

 

★ものづくり補助金

中小企業が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等への支援です。小規模型は設備投資をしない試作品開発も支援します。

「革新的」とは「自社にもなく、他社でも一般的でないこと」であり、設備が最新型かどうかではなく、導入する設備でどんな新しい商品やサービスを開発するのかを語る必要があります。

今回はじめて当初予算化されましたが、平成30年度補正では、800億円規模で「一般型」と「小規模型」の二つが支援の中心になり、平成31年度当初予算では50億円で「企業間データ活用型」が中心となるようです。

・一般型:補助上限額1000万円(補助率1/2)、

・小規模型:補助上限額500万円(補助率1/2、ただし小規模事業者は2/3)

※2018年12月21日以降の申請・承認・認定を受けた経営革新計画、先端設備等導入計画がある場合は補助率2/3

※補助金事務局の募集概要等から察するに、2月中旬から1次公募スタート、夏以降に2次公募・・・という可能性があります。

 

★小規模事業者持続化補助金

商工会・商工会議所の助言を受けて経営計画を作成し、販路開拓に取り組む中小企業の支援です。目標は約2万者と明記しています。

補助上限額は50万円、補助率2/3は従来までと変わりません。

面白いのは、地方公共団体と商工会・商工会議所が連携して小規模事業者を支援するというスキームが新規で10億円計上されていることです。事実上の持続化補助金2次公募のような形になるのでしょうか。

 

★IT導入補助金

平成29年度補正は上限50万円、下限15万円、補助率1/2でしたが、平成30年度補正では、上限450万円、下限40万円と一気に大型化します。最低でも80万円のITツールを導入しなければならないので、小規模のHPなどには逆に使いづらくなるでしょう。29年度のように、ほぼ100%通るような補助金ではなくなり、それなりに競争率が高くなると思われます。

 

中田麻奈美

関連記事

  1. 認定支援機関による経営改善計画策定支援事業の再利用が可能になりま…
  2. 選挙に出て、議員になってみた。
  3. 「第1回 長野県中小企業診断士交流会」の告知です
  4. 適正価格を取れ!!が本当に良いのか?
  5. 人間力の大切さを感じて
  6. 行動してますか
  7. もうシェイクシャックには行きましたか?スゴイですよ!
  8. 情報セキュリティ対策 してますか?
PAGE TOP