志を掲げよう!

中小企業診断士の金丸望美です。

今回のテーマは「志」です。

現在、会社を経営されている方もこれから創業を考えている方も、誰しも志を抱いたことから始まったのではないでしょうか。そんな志ですが、とっても大切です。なぜ大切か。

たとえば、中学校や高校の部活動での話。「あの部活がやりたい!」「絶対入るなら○○部!」のような、譲れない気持ち・動機があった場合と、親に勧められた・友達が入るからのような場合の2パターンを考えてみてください。人間関係や辛い練習といった、壁が目の前に現れた時、その壁を乗り越えることが出来るのはどちらでしょう。

もし、自分の心の奥からやりたいという気持ちで始まったのならば、それはどんな高い壁でも乗り越えることが出来るはずです。しかし、そうでない場合(多くはそういう場合が多いですが)残念ながら部活を辞めることになってしまうかもしれません。部活でイメージ出来ない場合は、会社でイメージしてみてください。どうしても入りたい会社に念願叶って入社することが出来たならば、多少の困難でも挫けず頑張れると思いませんか?

志がなければ壁にぶち当たったとき、それを乗り越える原動力がないのと同じです。

一度立ち止まり、原点の志がどうだったか、振り返ってみるのも大切です。初心忘れるべからず。この言葉通りだと思います。

 

関連記事

  1. デジタル化の必要性とは?
  2. 国の財政問題は
  3. 「未来を実現する方法」
  4. 診断士の勉強
  5. 代行サービスと新価値創造
  6. 人間力の大切さを感じて
  7. 倒産、廃業の度に失われる雇用機会
  8. 和来(笑い)
PAGE TOP