国の財政問題は

桑原先生こんにちは、中小企業診断士の桑原 仁です。

2015年6月末の「国の借金」が1057兆2235億円となり、過去最高を更新しています。要因は、高齢化の進展で増え続ける社 会保障費の財源不足を補うために国債発行を続けた結果、借金が膨だと考えられます。2015年3月末と比較するとなんと、3兆8663億円増えています。日本の総人口1億2695万人で割ると、国民1人あたり833万円の借金を抱えている計算なります。

平成23年度一般会計で中身はどうなっている分析

税収50.4兆円-歳出94.7兆円=▲44.3兆円  公債残高 667兆円

歳出の内容

一般歳出 55.7兆円
地方交付税 17.4兆円
国債費 21.5兆円

日本の財政を㈱桑原の会計に例えた場合

1ヶ月分の会計

月商400万円-必要経費750万円=▲350万円 負債残高6億3480万円

経費の内容

売上原価 440万円
販管費 140万円
支払利息 170万円

少子高齢化の問題、人口減少の問題などさまざまな問題があります。

皆さんどうでしょうか?

㈱桑原の経営はやっていけるのでしょうか?

何処に相談に行ったらいいでしょうか?

そんな時は、長野県中小企業診断協会へご連絡ください。

関連記事

  1. 人事異動
  2. 中小企業診断士ってどんな仕事
  3. 軸になる会社の腕前と会社の存在意義
  4. 釣りの醍醐味
  5. 夏の読書
  6. 診断士×手帳術
  7. 特例事業承継税制がスタート
  8. 「経営力向上計画」で稼ぐ力を強化するチャンスです!
PAGE TOP